東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

あなたの『タイプ』は?

「藁にもすがる思い」とは良く言ったものである。
患者さんから見れば、治療家と言うのは、その症状が無くなった時、それこそ神にも見えるのかもしれない(そう思われるのは吝かではないが、間違ってもお祈りや神懸りな事を治療上行ったりしない)。

ところで、その症状(病気)をどう捉えるのかについて、2つのパターンが存在する。
1つは、病気に摂りつかれる型→疾病憑依型である。 この場合、治療を受けると言っても、患者本人とすればどこか『おはらい』的で、何とかそのものを除外しようと考えることが多い。 治験的には、主に医師によって施されることが多く、ガンの病巣摘出などは最たるものである。

2つ目は、健康減弱型である。 これは、何かの原因がきっかけとなって健康を害し、不健康な状態、つまり病気になってしまうと考えるタイプで、主に健康を回復することを目的とする方が多い。 また、民間療法(健康食品、ビタミン剤など)を取り入れようとする方も多く見られるが、どこか精神的に自分の体について、多少の不健康観を持っているようである。 ちなみに、私達の治療院にいらっしゃる方の多くは、この健康減弱型の方が多いようである。

別な表現を用いてこのことを説明しよう。
かの昔、こんな考え方で医療業界を二分したと言う。 それは、『クニドス派』と『コス派』というもの。
クニドス派は、『病気を治す』のが医者であると主張したのに対し、コス派は、『病人を治す』のが医者であると主張したのである。 つまり、その主たる原因を外に求めるのか、内に求めるのかによって意見が対立したのである。
これを上のものに当てはめると、つまりクニドス派は医師などであり、コス派はわれわれカイロプラクターであると言えるだろう。 どちらが正しくて、どちらが間違っているのかなどと、ここで論議しても、水掛け論で終わってしまうし、やりたくも無いが、闇雲に、高血圧は医者、ぎっくり腰はカイロプラクティックなどと、分けないためにも、治療を受ける方にとって、自分の考える病気についての概念が、どちらにマッチしているのか考えてほしいと思う。

ただ覚えておいてほしいのは、どんな治療であれ、この世で最大の治療技術を誇るのは、自らに備わった自然治癒力であることを。

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ