東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

治療家の手

「何で、そんなことまでわかるの?」
と患者さんに良く聞かれることがある。

昔、とある患者さんに、「先生の手は、神様のようだ。」と言われた事がある。 ゴッド・ハンドだなんて、私のようなものが、おこがましい話である。 ただ、何故かそれこそ手に取るようにわかる事がある。 もちろん、勘(感)が鋭いという事もあるかもしれないが、神通力や気の力といった、およそカイロプラクティックとは無関係な力を発揮しているつもりなど毛頭無い。

パターンとして多いのは、その方の愁訴とおよそ関係の無いことが多かったりする。 腰が痛くて来院したのに(もちろんおおよその原因がわからないようでは治療家失格だが)、胃潰瘍をやったことがあるでしょとか、風邪をひいて熱が出ると、扁桃腺をよく腫らすでしょ等々。 ある患者さんに至っては、何を食べてきたのかまでわかることがあるため、「生活を見透かされているようだ。」とまで言われたことがある。 もちろん、その方が我が家の近くでもないし、治療対象となりうるような原因以外の患者さんの生活など、まったく興味が無い。 ひたすら私が興味があるのは、その人の体の状態のみである。

では解説といこう。
これらは、確かなデータと緻密な計算である。 データとは、経験も踏まえて、その異常な部位を示す反射点や、先駆者となっている先生方が研究の成果として残してきた指標である。 ただし、これだけでは個々における疾患の説明はできない。 AさんとBさんの症状は同じに見えても、その成り立ちや度合いも違うと言うことなのだ。
そこで、緻密な計算が必要なのである。 計算と言っても、数学の式を用いると言うのではなく、いわゆる「風が吹けば桶や儲かる」理論である。 これに当てはめていくと、理論的に計算の合わない、いくつかのエラーが生じる。 これが、重要な指標になってくるのだが、これが多ければ多いほど、その人の症状の深刻さが判断できる。

実はそのエラーにも、それらのいくつが関連性を持っていて、それらをつなぎ合わせて見ると、意外なほど以前罹患した症状が、浮き彫りにされることが多いのである。 言うなれば、自分では、完全に治したつもりでも、潜在的にこじれた形で残っていることが多いということになる。 それを見つけられるか否かが、治療家の腕の見せ所であり、これこそが、治療家の手の秘密である。

抽象的なものが、余計に訳がわからなくなってしまったが、後は治療に対して、精神を集中させ、全神経を手に傾けるだけである。

1999.10.20

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ