東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

椎間板ヘルニアの個人的見解、2

≪臨床に見る椎間板ヘルニア≫

近年、CTスキャン・MRIなどの画期的な断層画像診断技術の進歩によって、椎間板の状態がそれこそ手に取るように鮮明に見ることができるようになった。 ただ、それを見る人間の目(すなわち最終的な診断技術)が機械に追いついていないのも事実見うけられる事があるが、今まで謳い続けられていた椎間板ヘルニアによる直接的な脊髄神経根の圧迫から起こる激痛の発症という図式も、これらの技術の進歩によって皮肉にも覆されてきた事も事実である。

アメリカのWeisel D.C.(Doctor of Chiropracticの略)の報告よると、四十歳以上の成人のうち、その40%の人に、椎間板ヘルニアが認められたという。 もちろんこの人たちは日常生活に何ら支障がないばかりか、疼痛などの症状もなく、ましてや自分が椎間板ヘルニアである事さえ知らずにいたというのである。

不幸にも、もしこの人たち(上の40%の人たち)が、何らかのきっかけで腰痛になってしまったとき、医師は待った無しに椎間板ヘルニアが原因であると宣告するに違いない。 更にその不幸を積み重ねるならば、医師にとってそれは絶好の手術を行う判断材料であり、患者がそれを受け入れ、手術を施してしまったとすれば、そのうち何%の人に効果があるのだろうか。

5~6年前になるだろうか、国内でもこんな知らせがあった。 椎間板ヘルニアと診断され医師から手術をすすめられるも、結局それを拒否し、病院から去った患者50名について、その5年後の追跡調査である。 驚く事に全く痛みなどの症状が消失している患者が50%、痛みなどの症状はあるが日常生活に支障がないという患者が40%、現在でも症状があり日常に支障をきたすという患者が10%、であったというのである。 これらを踏まえると、単に椎間板ヘルニアのみがきっかけとなって、腰痛症などを引き起こしているとは考えづらくなってくる。

著名な先生方の生理学的研究や、私個人の臨床的な経験では、腰痛発症時の初期段階を除いて、持続的な神経根の圧迫や締め付けによっては痛みを増悪する事はない。 むしろ痺れや感覚鈍麻といった症状を引き起こすと考えられる。 しかし発症時に見る暴力的で、しかも爆発的な痛みはとても耐えられるものではないが、それは何らかの神経根の圧迫(刺激)に加えて、その部分での炎症が起きているものと推察する。 これは髄核のヘルニアを起こしている部分が脊柱官で硬膜外に入りこんでいる為に、いわば自己免疫を起こすかたちで炎症作用が引き起こされているに他ならない。

【写真による椎間板の説明】
椎間板図1 椎間板図2 椎間板図3
椎間板の構造 検体による解剖写真図 左図のMRI画像 以上No.18より

上述したように、急性期での椎間板ヘルニアによる激痛発症のメカニズムでは、神経根の圧迫による炎症ということである程度は説明がつく。 しかしながら、椎間板ヘルニアがなぜつくられたのかという答えにはならない。 やはり、それが起きるような状況では、既に軟部組織(筋肉,靭帯など)において、何らかの異常が引き起こされていると考えるべきでだろう。

過去の治験例に、こうした事もあった。 いわゆるギックリ腰で来院された方だが、何としても腰の矯正(アジャストメント)を受け付けないのである。 しかたなく背筋部及び下肢の筋肉緩和操作を行ったところ、立つ事さえやっとであったはずなのに、帰る時は痛みが2~3割といったところまで回復したのである。

これらの事から考えると、腰痛の原因が椎間板ヘルニアという脊柱の器質的なものではなく、その神経レベルでの軟部組織の硬縮、損傷などが痛みの発症原因として関わっているものと思われる。 また、病理的な椎間板ヘルニアが起きているような状況では、既に軟部組織に何らかの障害があり、痛みに対して過敏になっているか、外部からの刺激に対する抵抗力(受傷閾値)の低下が起きているものと思われる。

軟部組織の障害は細胞膜の破壊であり、生理学的に見ると発痛作用を持つ活性物質、ヒスタミン、プロスタグランジンなどが生成される。 この物質によって炎症が起こるわけだが、こうした軟部組織の損傷は、発痛物質を遊離し、痛みがすぐにでも発症しそうな一触即発の状況になり、何らかの神経刺激がきっかけとなって爆発的な痛みを引き起こすものと考える。 こうした炎症を抑えるには、上述した筋肉の緩和操作に付け加え、炎症を抑える為のアイシングなども意義のある事だと思う。

次回以降,もう少し掘り下げていこうと思う。

2000.3.17


参考文献:

  • Gregory Plaugher, Text of CLINICAL CHIROPRACTIC (Williams & Wilkins,1993)
  • 大場 弘D.C.著,カイロプラクティックの基礎理論と実技2(科学新聞社,1989)
  • Philip E. Greenman, Principles of Manual Medicine (Williams & Wilkins,1989)
  • 1997 World Chiropractic Congress, Proceedings of the Scientific Symposium 抄録
  • マニュアル・メディスン研究会 会報誌

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ