東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

15周年を振り返る

表題の通り、お陰様で今年で15周年を迎える事が出来ました。 ひとえに、皆様方から厚い信頼を受け、治療に励んでこれたからこそと思う次第であります。 思い起こせば19年前、脱サラをしてこの業界に飛び込みました。 厳しい試練の連続でありましたが、それもすべて一日も早く開業するんだ!という目標があったからに他なりません。
しかし、開業当初、当地で開業する事に非常に不安を抱いていました。 目立たない立地にあるため、患者さんは来てくれるだろうか?とか、地元への貢献とはいえ、カイロプラクティックを理解してもらえるだろうか?とか。 幸い、杞憂に終わった事も多いですが、どうにか軌道に乗ったのは、最近の事のように思えます。

そう言えば、開業するにあたり、こんなエピソードもありました。 当地で開業するにあたり、駅前でとても良い物件(貸し店舗)が有ったのです。 割安でありながら立地も良く、清潔感のある場所でした。 その話を母親にしたところ、こう返ってきました。
母:『お前が、どうしてもそこでと言うなら止めないが、良く考えてごらんなさい。 確かに利益は上がるだろうね、患者さんも沢山来てくれるだろうよ。 でも、お前が勉強してきて積み上げてきた、やりたいと思っている仕事(治療)があるんだろ? くるくると時間に追われれば、それが出来なくなるんだよ。 通り一遍等なそれこそ通りすがりの仕事になって良いのかい?』
私は、ハッと気付かされました。
自分のやりたい仕事、それが出来ないことが、どれほど今後の人生において苦痛で無意味になるのか。 いくらなんでも『武士は食わねど・・・』と言うわけには行きませんが、誇りを持ってやろうと決意したのに、とても恥ずかしい思いでした。
開業まで数箇所でのインターン。 そこで、色々な治療方法を見てきました。 素晴らしい先生方にめぐりあい、またお世話になり、充実した修行時代を過ごす事が出来たのは、私の誇りでもあります。 更に、『あの先生以上に凄い治療家になってやる!』と、来る日も来る日も血の滲む思いで勉強し努力をしてきました。 しかしそれすら無になり、目標も絶たれるわけです。 もちろん、駅前でやることが悪い事ではありませんし、いい加減な治療になるとは思いませんが、私の求めるスタイルではない筈。
正に、目の前に立ち塞がっていた霧が一瞬で晴れた気がしました。

それより約半年後、現地に自宅兼治療院を新築しました。 苦労の甲斐あって、ようやく自分のやりたい事がこれで具現化されたわけですが、オープン初日は非常に感慨深いものがありました。 最初の患者さんは、今でも忘れられません。

お気づきのように、私のやりたかった事、それこそが当院のポリシーである『オーダーメイド感覚の治療』なのです。 患者さんの喜びは私の喜びでもありますが、私の喜びは患者さんの喜びでもあるはず。 これを貫いて行くことが、私の使命であり人生の喜びであると感じたのです。
もしこの考えに限界を感じるようなことがあるなら、それは終わりを意味します。 否応なしに、私は退くでしょう。 まあ、せめて70歳ぐらいまでは現役でやろうと思ってますが、現場にいる以上、不変のスタンスでありたいと思う次第です。
以上、決意を新たにした、16年目の初頭であります。

2005.6

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ