東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

治療家の手(つまらないネタ話)

以前、No.16でゴッドハンドだのという事を書いたが、それとは全く違う話。
私たち(と言っても私だけかもしれないが)治療家は、手をとても大事にしている。 当たり前の話だが、怪我や手荒れすら許されない。
ところが趣味となると、私はバイク弄りが好きである。 休日ともなれば、ツーリングへ行ったりもするが、大まかな整備はもちろん、部品を取り付けてみたり、自分で何でもやるのが好きである。
それに飽き足らず、本当は陶芸も大好きなのだ。 やり始めるとキリが無い事や、上述の通り手荒れが許されない為、現在は封印しているが、隠居暮らしになった途端に始めるものと思われる。 まあ、いずれ劣らぬ手荒れや怪我のし易い趣味であろう。

さてさて、そんな趣味を乗り越え、仕事に向かうには、手指の衛生はもちろんだが、やはり普段からの手入れが大切である。 梅雨時から初冬までは、さほど気になるようなことも無いが、深刻なのは手荒れである。
元来、私は手荒れが酷い。 子供の頃から、手を『グー』と握っただけで、指の関節付近はアカギレによりひび割れ、血が滲む事もしばしば。 しかも、仕事では手指洗浄において、薬品(オスバン液又はアルコール)を使うため、更に手荒れし易い。 また、手に汗をほとんどかかない、いわゆる乾燥肌であるところを持ってきて、施術上、患者さんの衣類を触る事により、更に油分を奪われてしまう(手垢をつけているなどと誤解の無きことを)。 
よって、普段からハンドクリームは欠かすことができないが、あまりニオイのある物や、ベタベタするような物では患者さんに不快な思いをさせてしまうので、当然使えない。 ただ、そういうものに限って、余り保湿能力が高くないから始末が悪い。 たぶん、私ほど多くのハンドクリームを試した男性もいないだろう。(苦笑)

また、今では大分治まったが、夜の手入れは欠かさなかった。 風呂からあがると、先ずローションを塗って、次に油分の強いクリームをベットリと。 その状態で、手袋をはめて小一時間、かるく拭き取ってから仕上げに薬用クリームを塗って就寝。 が、翌日もこの繰り返し。 あたかも、何か『別の職業』のように思えてならなかった。
それから、指先の皮が厚くなってしまう。 角化症ではないが、乾燥肌の影響だろう。 これをやらないと、ひび割れたりササクレたりするし、なにより指先の感覚が鈍るので、必須の手入れになっている。 この手入れは、『かかとスムーザー』といわれる、金属で出来た軽石のような物をつかう。 逆に荒れないか?と心配されそうだが、もちろんこの後はクリームを塗るわけだ。 でも、2~3日すると又厚くなってきて・・・と、これまたイタチゴッコのようである。

なんとも情けない話になってしまったが、これも治療にかける思いと捉えてもらえば幸いである。
おっと!爪切りも忘れてませんよ。 なんたって、ツメの手入れ用に4種類も道具が有りますんで。 さながらネイルアーティストですな、まったく。

2005.6

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ