東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

忘却の彼方

タイトルに余り意味は無いが、予約の話。
先ず、当コンテンツ内でも書き記しているが、当院では予約診療を行っている。 これは、患者さんを管理し治療していく上でも重要な事だが、それ以上に、個人的なポリシーから従業員を一切雇わず私一人しか居ない為に、一日にこなせるキャパシティが低いからとも言え、患者さん各位には申し訳ないが、ある意味私に合わせて頂いているような次第でもある。

さてさて、、、
『いや~、先生すいません。 すっかり忘れてました。』
と言う電話を良く受ける。 なんと素晴らしき事か!
確かに、予約を忘れ…云々といった世間的モラルも有るが、この際固い事は抜きにして、予約を忘れるのは、すなわちカラダに起こっている心配事を忘れているのであって、治療の効果もさることながら、カラダを気にせず日々過ごすことが出来るというのは、なんと素晴らしい事なのだろうと思うわけである。 実際、そういう方は症状も緩解され、カラダのバランスも良く、健康的な状態であると言える人が多い。

その逆に、指折り数えて予約日を待っているという人も居る。 その多くの方は、継続的な重い症状に悩まされていたり、突発的な症状が出たりなど。 ただ、『何が何でも予約日を守れ!』としているつもりは無いし、予約日を待つぐらいなら予約に関係なく連絡を入れて欲しいと思うが、治療を待たれる嬉しさもあり、まだまだか…という無念さもあり。 どちらにしても、早く予約を忘れるぐらいになって欲しいと思うばかりである。
おっと! 予約変更の際は、お早めにご連絡の程。

2005.7

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ