東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

『カラダをデザインする』の本意

患者さんの悩みというのは、非常に多岐にわたるものだと日々痛感しているが、同時に、寄せられる質問も同様なのは言うまでも無い。 その方法は、当HPに設置してある『ご質問フォーム』はもちろん、電話でも沢山頂いている。

さて、統計こそ取っていないが、先ず一番多いのは腰痛、次いで肩こりの2つが群を抜くが、意外と多いのはボディ・スタイルに関することである。 ボディ・スタイルと言ってもいわゆる美容整体ではなく、姿勢矯正をさすのであって、その問い合わせである事はもちろんである。
ところが、この姿勢矯正というのが難しい。 何かの神経学的(生理学的)な影響により、それが起因してバランスを崩しているのか、それとも遺伝的な要素(つまり親子で顔が似ているが如し)に由来するものなのか、はたまた単に癖のレベルなのか、難解な分析が必要だからである。
例えば、『猫背だから』と言う理由で、背中を押し、矯正を施したとしよう。 見事に背骨の湾曲が修正され、尚且つ生命の全機性が保たれるならば、それは最高の施術であったに違いない。 しかし、その形状だけが第三者である施術者によって見出されただけの、『真っ直ぐになった』などとする事が、果たして正しい事なのだろうか?…と思うわけである。

過去の事例として、こんな事が有る。
背骨を正して欲しいとして来院した方が、主立って特に何も症状が無く、ましてや何がしかの不調も無い。 ただ、家族や知人に言わせると、『背骨が曲がっている。』と言うことのみなのだ。 もちろん、姿勢分析はもとより、種々の検査を行い、触診にても評価を施した。 確かに立位・座位に於いて姿勢は褒められたものではなかった。 が、何らかの陽性反応があった検査はもちろん、当面何も無いのである。 強いてあげるなら、体に染み付いた癖のレベルに於いて僅かに歪みが有る程度なのである。

はてさて、私はこの方に対しどうしたかと言うと、姿勢の改善アドバイスをしたのみで、施術の一切を行わなかった。 当然と言えば当然であるが、上述の様に、何も無い、又は何も異常を見出せない方に対し、施術を行う事は、私の治療家としてのポリシーに反するし、施術する側の傲慢とも受け取られかねない。 もちろん、完璧なカラダを持っている人もいないわけで、やりようによっては幾らでも施すことはできるが、この方の求めている方向性とにズレを生じてしまう。 以前のコラム『治療期間の考え方』中にも書いたが、私が求める100点満点と患者さんが求める100点満点との間には、とてつもないギャップがあるからだ。 (尚、こうしたケースでは施術料は戴かないが、初診料は別途申し受けます)

つまりこう考えるのである。
主訴が体の歪みであっても、深層に隠されている=潜在的で表立っていない症状というのは、何がしかあるわけであって、それを正し、体の機能を回復しつつ、その方の理想とされる体型、つまりボディ・デザインに近づけることが、私に課せられた使命であるが、現在ある体の機能が最大限発揮できている状態というのが、最高のボディ・デザインなのである。

やや抽象的で難しい表現になってしまったが、体のバランスでお悩みの方は、先ずはご自身の生活における何気ない癖から直してみては如何であろうか。

2006.1

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ