東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

形体に捉われる心理

「あなたの首は曲がっていますね。」 こんな風に言われたら、あなたはどうするだろう?
あまり気分が良くないのは当然だと思うが、おそらくそのシチュエーションは、何がしかの症状があって、病院などへ出向き、レントゲン写真か、はたまた何がしかの根拠を基に下された結果であろう。

はてさて、実際にはどうなのだろうか。 無論、曲がっているのは事実だと思う。 ただ、曲がっている事が悪い事なのか。
例えば、腰が痛くて、歩くのもままならないような状態だとしよう。 この時の腰は、真っ直ぐ(理想的な状態を維持しているという意味)なのだろうか?
それこそありえない。 誰しも無意識のうちに痛みをかばったり、或いはそれを避ける様に、体を歪めるはずである。 これは結果論ではないのか。 そのいわゆる「防御姿勢」を崩してまで、形体に捉われ真っ直ぐが良いとされるなら、ペインコントロールなど要らないのでは、と思うのである。

しかし実際には、何処かでその歪めている原因が忘れ去られてしまい、あたかも曲がっている事が悪い事だとされる向きがある。 すると言われた側は、体が歪んでいる事が諸悪の根源だと思い始め、いつしかそれは、トラウマのように重く圧し掛かっていくのである。

過去に、ある女性が来院し、以前通っていた治療院でこんな事を言われたと、言っていた事があった。
「あなたの骨盤は、放っておくとズレるので、定期的にいらっしゃい。」
・・・一見、親切なように思う。 ただ、このズレていると言われる状況下でいらしたこの人には、自覚症状はもとより何ら症状がない。 更に、無症状と言っても骨盤腔の臓器に何らかの問題があるならまだ解るのだが、それすらない。 完璧ではないとは思うが、その来院時、治療が必要な状況とは考え難かった。
私は、その方に現状が把握しやすいよう説明をして、治療を控えたのであった。
また、こんな事が有った。 レントゲン写真をお持ち頂いた方の話だが、非常に腰椎の状態が悪く、一見しただけでも、数箇所に圧迫が起こっており、その一部は潰れ、椎間板も殆ど機能していないのではないかと考えられる部分もあり、ただ事ではない状態であった。 察するに、相当に重い症状に悩まされていると思いきや、実際には長時間歩いていると腰が痛む程度で、その形体から引き起こされるであろう問題は想像以下であった。 しかし、その歪んでしまった背骨のレントゲンを提示され、その症状はその部位から来ているから手術が望ましいと言われたのだそうだ。
人様の症状を軽々しく言うつもりは無いが、手術をするほどの症状だったのかと、今も疑問でならない。

つまり、こう考えられないだろうか。
百人百様、顔かたちは皆違うのであって、どれが正しいとは言えないのと同様、理想的な状態が維持されているのであれば、他人から、或いは術者によって、それが「ズレている・曲がっている・歪んでいる」など、ネガティブな因子として評価されるべきではないと思うのだが。
もちろんそれが、身体の機能を阻害している事から生まれているのであれば、決して見捨てないし、見逃すものではない。 その為に細心の注意がはらわれ、各種検査が行われ、問題点を把握し、機能を改善すべく治療が行われているのである。

砕けた言い方だが、「曲がっていようが、どうって事は無い。 問題はその機能が果たされているか否か」だと思う。 兎角、曲がっているとかズレているとか、形体的な事ばかりを治療しているように思われる事があるが、カイロプラクティックは決してそんな事は無い。 もっと科学的であり、症状・状態に即した治療であると思うし、そう願うのである。

2007.1

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ