東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

私だって疲れます。

「先生は、武道か何かやっていたんですか?」
・・・と、訊かれる事が非常に多い。 自らを省みれば、柔道か、はたまた空手でもやっていたかのような体格であるのには違いない。 ただ、それは見た目だけの事であって、私自身、全く武道の経験が無い。 確かに、業界内には、武道経験者も多いには多いが、○○道と『道』が付くものといったら、小学1年の頃からの書道だけである。

さても、そんな勘違いをされる『体』だから、この仕事、余程の体力が必要なのだと思われてしまうのである。 また、確りとしたコンタクトで、患部を押圧したり、アジャストメントを行う際の極一瞬の力がそう言わせてしまうのかもしれない(強引で無理を強いるようなものでないのは、説明するまでも無い)。 まあ、力の要る場面が全く無いわけではないが、総じて力を使って治療を行った場合、結果的に好転に結びついたとしても、治療中に大変な違和感と、無用な痛みを患者さんに与え兼ねないのである。 大体がだ、小さい子供や、骨もやや脆くなっているであろうご年配の方に、あたかも出っ張り引っ込みを直すかのごとく、力任せにグイグイやったら、それこそ医療事故を起こしてしまう。 ですので、力は使いませんよ、力はね。
では、何を以ってして? それは、技術です、、、と言ってしまうと簡単だが、人体の構造が分かってくると、無駄な力を使わなくなるとだけは言っておこう。 如何なる治療であっても、手先が器用なだけで、行っているのではないのである。

ところで、その勘違いと同時に、こんな質問を受ける。
「一日やると、相当疲れるでしょ?」
上述したように、よほど体力が必要な仕事だと思われているのである。
そりゃ、私だって疲れますよ。 一応、これでも生き物ですから。(笑) ただ、体力を使っているから疲れるという実感は無い。 精々、散歩をしている程度の体力消耗だし、散歩だって一日中歩けば疲れるのと同じ。 そんな程度のものである。 後輩にも小柄な女性カイロプラクターがいるぐらいだから、体力的に無理な事は一切無い。
疲れるといえば、むしろ、精神的な負担が大きい。 ミスが許されないのは当然だが、努めてニコニコしつつも、いつもピリピリと張っているから、脳をクリアに保つ事の方が、私にとっては重要に思う。 よって、体力的限界よりも、精神的限界の方が早く訪れる傾向があるようで、今まで見たことも無いような思考回路をフル回転させなくてはならないとても難しい症状を抱えた人が、日の大半を占める事があるならば、それだけでパンクしてしまうかもしれない。 もっとも、難しい症状であればあるほど、私は『燃える』ので、難治だから負担になるとは限らないが。

・・・と、『見た目とは然に非ず』とだけお伝えしておくとしよう。
それでも、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆休みなどの連休は、私にとってオアシスであり、仕事のことを忘れ、ノホホンと体を休められる貴重な時間である事に違いは無い。 願わくば、温泉にでも浸かって、のんびりと過ごしていたいものである。
ちなみに、私の体型だが、、、、、憂鬱、、、、、ああ憂鬱。。。。 バタリ (o_ _)o

2007.6

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ