東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

背骨のズレを検証

背骨はズレない。 極一般的な生活を送ってさえいれば、それは変わる事がない。 もちろん、生活習慣などから全体が歪んだり、曲がったりする事はあるが、ズレているわけではない。 言い方を変えると、ズレているのは、物理的限界を超えた状態が起きたか、長期間にわたり何らかの力が継続的にある方向に加わっていたかのどちらかであると考える。 この場合、脊椎辷り症なる背骨がズレる様相を呈するものや、ハードなスポーツの影響や事故などによるものもあるが、これらは例外である。
ところが、ズレるという概念を基に治療をしている施術家が今尚多数存在する。 背骨を矯正する際も、物理的に何度も押し込むような事をしたり、それが完成された時(概ね矯正音が鳴った時)に「入った!」と言ってみたり、、、などなど。 まあ、批判するのは止めておくが、私の施術の方向性とは、明らかに別であり、その次元すら違うだろう。
それでも尚、患者さんから背骨に関して一番多い問われ方が、『ズレてます?』と訊かれる事だ。 余程、カイロプラクティックというのは、物理的な治療に終始すると思われているらしい。 確かに、骨体や関節に対して、僅かながらも力を加えるスタイルは、そう見られても仕方がない。 それでも言わせて貰えば、骨を媒体として関節やそれに関わる神経を治療しているのであって、ズレを“直して”いるのではない。

本題に移ろう。
このズレを検証するのは、実に簡単な方法で確認が出来る。 用意するものは、脊柱模型とバスタオル。
まず、脊柱模型の骨間を詰め、出来うる限り真っ直ぐにした状態で、その上に何層かに折り畳んだバスタオルを被せる。 そのタオルの上から注意深く触っていくと、背骨に微妙な段差や曲がりが確認できる。 その確認できた部分を軽く指で押さえ、上下のどちら側からか被せたタオルを捲って、押さえた部分にどれだけの異変が起こっているのか直接見てみるのである。 この方法は、私がカイロプラクティックの専門校で、最初に習った自分で出来る触診練習法の1つである。
それでは、その部分がどれだけ曲がっているのか確認してみよう。 ところが、そのタオルを捲くってみると、押さえていた部分が間違っていたかのように、目視では微妙過ぎてしまい、判定するのが困難なほどなのである。 実際には定規などを当て、そこに任意の中心線を与えることによって、ようやく僅かな曲がりが見て取れる程度である。 上下椎骨の突起(棘突起)の誤差も精々1mmか、それ以下であろう。
これは、あたかもその歪みが過大であるかのように感じてしまう、ある種の『錯覚』なのである。
これを図解で示してみよう。
ズレの模式図 補足説明の図
左図の下に三角の山を二つ並べた。 その頂点のズレというのは僅かでしかないが、外の円に向かうに従い、その差は大きくなる。 これは、中心を一に持つ大きさの違う円に中心から2つの線を引くと、内側の円弧より外側の円弧の方が距離が広がるという理論と同じである(右図)。
(ご要望があれば施術後の説明の際など、この方法をいつでも再現致します。)

この事から、骨体レベルでのいわゆる『ズレ』というのは、実に微細な範囲であり、声高々に『ズレている』などと言うほどのものではない事がお解かり頂けたかと思う。
ところが、問題はこれだけで終わらない。 それは、背骨の突起というのは、完全に真後ろを向き絶対に真っ直ぐだと思われているからだ。 
下の写真を見てもらいたい。
変形によるズレの誤解の写真
だいぶ使い込んでいるが、これは人骨から型を取り作られたドイツ製の脊柱模型である。 部位は胸椎であるが、緑の線を先ずご覧頂こう。 上から3つ目の突起(棘突起)が右に歪んで(曲がって)いるが、その時左右の突起(横突起)には、特にこれと言って曲がっている事を示唆するような偏位はみられない。 これは何を意味するかというと、変形である。 変形と言うと、あたかも奇妙な状態と捉えられてしまいがちだが、臨床的に言えば、極々日常に多く見られる事で、全く奇異ではないし、検査等確認した上でこの部位に関し何ら問題がなければ、治療の対象にすらない。 にも拘らず、、、と、この先の話は止めておくが、未熟な考えから『見立て違い』が無い事を祈るばかりである。

以上、簡単にその検証などを書いてみたが、ズレなんてこの際どうでも良いのであって、その関節がキチンと動いているか否かが問題なのである。 ただ、背骨自体のほんの僅かな偏位などによって、耐え難い痛みや症状を生み出したりなど、些細な事が切欠となって、恒常性や健康状態は脅かされたり崩れかけたりもする。 人間とは実に弱い生物なんだなあとつくづく思う。
ここで改めて保健(健康を保つという意味)の重要性を感じたのであった。

2007.10

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ