東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

開業20周年記念エッセイ、『川の流れのように』

think49imgこの世に生を受け、成長するに従い様々な事を経験し、
やがてその人生を終える。
人間の背骨にも、そんな人生が刻み込まれて行く。
喜怒哀楽、幸福、苦悩、、、
一施術者が察知する事すら出来得ない、
莫大な記録がそこにある。
それら一つ一つの繋がりを理解し、どう施術していくかが
治療家にとっての使命であるが、
そんな人間とは、正に川の様である。
山から滲み出した水の雫が集まり、一筋の道を創る。
それは徐々に広がり何時しか川と呼ばれるようになる。
岩を越え、崖を下り、山々をすり抜け、平野から河口、
やがて海へと流れ込み、その使命を果たす。
その間、川は沢山の恵みを与える。
魚らに住処を与え、植物への灌漑はもちろん、
私たち人間も、その恩恵を受けている。
しかし、時に被害をもたらす事もある。
嵐となれば、増水に始まり、護岸の崩壊、
いずれは洪水となって牙をむく。
淀みが出来れば、悪臭や公害の元にもなり兼ねない。
人にあてがうなら、それは『病』に似ている。
病は背骨からと、良く先人たちから聞かされたが、
人工的な運河にあらず、自然の川がそうであるように
決して真っ直ぐな背骨が正しい事ではない。
その病の元になりうる背骨を整え、
あらぬ方向へ行くのを阻止し、又は予防し、
健康を守るのが、治療家の仕事である。
流れを導き、それを整え、今まで何事も無かったかのように
たおやかに横たわる、恵み豊かな川の流れのように、
良い人生をおくってもらえればと、これからも向かって行こうと思う。


平成2年5月の開業以来、お陰さまで20周年を迎えることが出来ました。 これまでご来院頂きました方々、並びに支えて頂きました皆様方に、心より厚く御礼申し上げます。 命ある限り、治療の世界に邁進し、今後も皆様方へより良い施術が出来る様、日々研鑽、努力して参る所存です。

2010.5

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ