東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

地元に根付くと言う事。

今回は、当院の事について話をしましょう。
当院は、埼玉県の川口市にあります。 川口というと、キューポラの街として有名ですが、当地は、ちょっと田舎に入った東川口にあります。 この地区は、江戸の昔より植木が有名で、今でもその流通の拠点として取引が盛んです。 最近では、この陸の孤島とも思えるようだった地区も開発が進み、近くには、首都高速安行線、東北自動車道、外郭環状道路などの高速道が走るほか、平成12年の開業に向け地下鉄南北線も着々と工事が進んでおります。(平成12年埼玉高速鉄道として既に開通)

そんな当地で開業してはや8年(平成2年5月開業、平成10年当時)が経ちました。 今までいろいろな事がありましたが、最近どうにか軌道に乗ってきたのではと思います。 というのも、まだまだカイロプラクティックというものへの認識の薄さ、その治療方法の間違った知識・誤解など、いささか都会に比べるとやはりまだまだと言わざるを得ません。 いらしゃる方の中には、ただ「治療は別にして骨を鳴らしてほしい。」とか、いかにも「何をされるか解らないので覚悟を決めてきました。」と言わんばかりの人もいます。 その誤解されている方の多くは、やはりテレビなどの影響で変な知識を植え付けられている方がほとんどです。 もちろんテレビしか娯楽のないところではありませんが、良い意味で認知されるにはもう少しかかりそうです。

私は、生まれたのは東京都板橋区ですが、こちらに引っ越してきてから既に30年が経ちました。 ようやく最近地元の人間に成れたような気がします。 その地元で開業するという事は、私にとって最も重要な事でした。 お世話になった(といってもかなり迷惑をかけた事もありますが)人たちに、健康について少しでも貢献したいと思っているからです。 そしてもっとカイロプラクティックのすばらしさを知ってもらいたいと思います。 それは、当院の評判にもなるでしょうが、カイロプラクティックの評判にも結びつくはずです。まさにその草の根的運動が、この日本で今だ民間療法の域を出ないカイロプラクティックを上へ上へと押し上げていくものと信じています。

どんな形で次の世代に残せるか? その責任(法制化)を1日も早く果たしたいと思います。

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ