東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

日々のコンディショニングを考える

人間生きていると日々色々な事が起こる。
家族のこと、会社のこと、遊びのこと、恋人のことなどなど。 しかしそのベースとなっているのは、すべて自分の体である。 体調だって良い日もあれば、あまり優れない日もある。 何をやってもトントン拍子に運んでうまくいったり、スポーツをしたって記録的なスコアを残す事だってある。 それとは反対に、何もやる気がしなかったり、やったところでどうにもうまく行かなかったり、ましてや風邪をひいて寝込んでしまったり、頭痛や腹痛などに見舞われたら、もう一日中憂鬱になってしまう。
しかしながら日々それは天気のように波があり、バイオリズム化されているのかもしれないが、できればその波の高さをなるべくなくして毎日が同じようなコンディションでいれないものだろうか。 また欲を言えば、絶好調とまで行かなくとも、少しでも良い状態が保てないものだろうか。

少し話がそれるが、ある自動車メーカーは、飛びぬけて優れた部分(ボディ、エンジン、足回りなど)がない代わりに、どの部分もみな平均点以上。 いわゆる『60点主義』と言われる車づくりである。 車は、私の趣味のひとつでもあるので、可も無く不可も無く、「まあ、こんなもんだろう。」といった感じで作ったようで、妥協の固まりのようなこのメーカーの車は好きではないが、巧みな販売戦術で、人間が本来持つその『60点主義』をうまく刺激し、世界的に良く売れているようである。

その『60点主義』。 医学的には、恒常性などと言われる。 読んで字のごとく、時間が経ってもその状態を保とうとする性質であり、つまり『普通』という事である。

ただし、この普通が難しい。 先にも述べたが、人間生きていればイレギュラーも多い。 野球にたとえるなら、そのイレギュラー・バウンドを何ごとも無かったのようなグラブさばきでこなせるような、しっかりした基礎、すなわち、十分な体力や安定した精神状態で無くてはならない。

私の場合、仕事はもうイレギュラーの連続である。 同じように見える症状でも、個人差があり、治療法も変わってくる。指先の感覚などは、ミスがあっては大変なことになるので、これ以上無いほど研ぎ澄ましているし、頭の中のデータは、パンクするぐらいのスピードで回っている。 肉体的(治療上)には、力(ちから)を要するものではないが、やはり1日やっていればそれなりに疲れるし、またそれ以上に精神的には、一時神経性胃炎に見舞われたほどかなりきつい仕事ではある。
が、幸いその診療時間というものが決まっている分、ほかのことはわりと規則正しい。 寝起きの時間・食事の時間は、開業してからというものほぼ毎日同じである。 自分にとってこの時間がかなり重要なようで、多少の波はあるが、精神的にも安定しているし、体調も大崩れが無い。 逆に考えると、マイペースを保って決して無理はしないということにもなるが、あらためてこの仕事に就いて良かったと思う次第である。

この毎日が『普通』でいらるほど快適なものは無いと思うが、世の中そんな時間通りに行くような仕事を持っているのは、極々限られた人であるだろう。 まして、そうする事ができるにもかかわらず、体調が優れないのであれば、体に何らかの問題が発生していると考えられるが、カイロプラティックはもちろん、それなりの対応を考えなくてはならないだろう。

さて、問題がいささか大きすぎてしまった。結論は少し先送りさせてもらうとするが、、、
[マイペース=グッド・コンディション=普通]
という文法が成立すると思う。(少々無理やりか・・・)

皆さんもぜひ、自分の『普通』というポジションを見つけて、その『普通』を思う存分楽しんでほしいと思います。

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ