東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

背骨を記憶する

別に隠してきたわけではないが、私はいわゆる脱サラ組である。 それまでは、とある会社の営業マンとして働いていたが、心機一転この業界に飛び込んだ。 右も左もわからぬまま、がむしゃらに開業と言う目標に突き進んだ・・・というのは、既に別頁に記したとおり。
まあ、別に苦労話をするつもりはないが、営業マンらしくも当時の得意技といえば、電話番号を記憶すること。 今時ならば、携帯電話が当たり前のように普及し、一度掛けてしまえば、その登録も非常に簡単だし、発着歴が残るから登録すら必要かどうかも疑わしいが、当時はアドレス帳にズラッと書き並べ、掛ける手段は公衆電話が殆ど。ポケベルですら、ようやく普及したころだった。 一々アドレス帳を見ながら掛けるのも面倒になってくるから、しまいには、たった一度掛けただけで、先方の番号を覚えるようになっていた。
そんな電話番号の記憶術は、全てカイロプラクティックの知識に書き換えられてしまったが、不思議なもので、そういう記憶の仕方の断片というか、それは今でも存在するようである。

それは何かと言うと、背骨を記憶するのである。 来院時はこうだったとか、あの時はどうだったとか、もちろんカルテにもその都度書き綴るが、それ以上に脳が記憶しているのである。 これは実に便利な記憶で、それに付帯し何を治療したのかも覚えているから、私の臨床に多大な影響をもたらしている。

記憶の仕方・・・と言っても、何とも抽象的だが、それはイメージとして残っているようだ。 以前にも書いたが、その『保存方法』は立体像として残り、施術後どう変化があったか、次回にその記憶が照らし合わされる。

私も人間だから、カルテに頼らなくてはならない部分も有るし、全てを記憶するのは不可能である。 ましてや、初診で来た方など、特徴的な事がなければ、なかなか記憶するのは難しい。 ところが、これが数年に亘って通院されている方となると、遡って去年前はどうだったとか、それを比較する事もできるようである。

と、何だか結局は自慢話のようになってしまったが、苦手な事もある。 その真逆に、どうもその人の顔が覚えられない。 長期に来ている人は除くとして、時々街中で「あら、先生!」などと声をかけられることがあるが、「はてさて、誰だったっけか。。。」、記憶をめぐらせ思い出そうとするも、あえなく撃沈なんてこともある。 言い方を変えれば、名前と背骨は一致するが、顔が一致しない・・・とでも言っておこうか。 声をかけて頂くのは、単なる一治療家に対して、何らかのリスペクトの表れであると思うから非常に嬉しいのだけれど、できれば名前もとお願いしておくとしよう。^^;

2012.1

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ