東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

優先順位を考えてみる

「ニワトリが先か、卵が先か」という永遠の疑問にも似ている、ちょっと下世話なこの話。
「仕事よりカラダか、カラダより仕事か」

「仕事が忙しくて、施術に行く暇がない。」ごもっとも。
仕事あってのカラダだし、仕事あっての収入である。健康保険が利こうが利くまいが、どんな医療機関でも、極々特別な場合を除いて無料ということはないから、収入がなければ、その費用を払うことはできない。
それでも、症状は待ってはくれない。仕事にかまけて、放っておいたら、どんどん症状が悪化してしまう。いよいよ以って、限界に感じた頃には、手の付けられない状態に陥っているかもしれない。そうでなくても、悪化の一途を辿り、簡単な治療では、回復困難な状態になっていることだろう。
例えば腰痛。最初は軽い症状だったろう、塗り薬程度で軽快していたものが、いつしかシップになり、それでも軽減しなくなると、ショッピングモール等にありがちなマッサージ店に行ってみる(こういった所がダメというのではなく、一見的で継続性がないというところを言うのである)。一時楽になるが、まだ症状が思わしくない。しまいには「・・・でも、こんなもんか・・・」などと、その痛みにも慣れてきてしまう。
すると、いよいよとんでもない症状が牙を剥く。明けても暮れても、腰に著しい痛みが走り、我慢も限界に達する。これは一大事だと、意を決して病院へ行けば、「椎間板ヘルニアですね。」と医師からの宣告。手術しか治る道はないと告げられるも、切らずに治る方法はないかと迷走を始める。すがる思いで当院に辿り着き、数次の施術で何とか症状が緩解し、事なきを得るも、また仕事に追われる毎日。いつしか慢性化し、良くなったり悪くなったりを繰り返す。
こんなパターンをどれほど見てきたことか。

では、どちらが優先されるべきなのか、僭越ながら述べてみる。
私個人の考えとしては、体が優先であるべきと思うのである。それはなにも、施術する側だからそう言うのではない。先述したように、収入がなくては、施術に通うことすらできない。ただ、継続的に通えないほど馬鹿げた施術料ではないと思う。であるならば、有休等々を使い、なんとか会社で承諾を取れば通えなくはないはずだ。会社にとっても、彼方此方痛がる社員では、思うような成果が残せないし、期待も裏切られることだろう。幹部候補なら尚の事だろう。その社員のカラダの状態が戻れば、パフォーマンスが上がり、企業生産性も上がるから、長い目で見れば、会社を休ませることに何の抵抗もないはずである。そもそも、福利厚生というのは、こうあるべきではないのだろうか。
それでもなお、数々の理由で全く抜け出すことができないという人も多いだろう。それならば、危機的状況に陥らないためにも、日々のケアが重要であり、定期的に通院するという手段もある。もっとも、自身が無症状であるにもかかわらず、何処かへ通院しようと思う人がどれほどいるのかという疑問もあるが、無症状であっても、自身が気が付かないだけで、カラダには何らかの「サイン」が出ているはずだ。「寝起きが悪い」「カラダが重い」「疲れが取れない」などなど、日常には数知れないサインが転がっている。
問題ないサインなら、一晩寝ればきっと治まっていることだろう。逆に、何日も続くようなら、自身の持てる自然治癒力を超える問題が起こっていると考えるべきで、早期に対策が必要である。そのサインに気づけば、長引くような症状を負うことも少なくなるだろう。私たちは、患者さんから出されているそういうサインを確実にキャッチできる方法を持っていると自負している。
仕事に励み、健康を維持するというのは、なかなかに大変な事ではあるが、現職を務めあげようと思うのであれば、今一度、ご自身のカラダについて、見つめ直しては如何だろうか。

2014.3

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ