東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

利用せよ

通院中の方々から、様々な質問を受ける。 私の答えは、非常にシンプル。 先入観にとらわれず、尚且つ持論を一切展開しないというのが、私の答えのポリシーでもあるが、誰でも理解できるような、極単純な答えである。
ところが、世間的にみると、この持論に支配されていることが多く、患者さんも右往左往してしまう。この持論とは、概ね経験から導き出されたもので、医学的にというよりも、自然科学から言って、的外れな答えが多い。それでも持論を展開しているのは、確実に医業に就いている人たちであり、どうかするとテレビなどのメディアにも出演するような有名な方にすら散見する。
基礎的医学の知識はもちろん、すぐれた見識の持ち主であっても、持論に陥るというのは、誰かと同じことを言っても面白くないであったり、妙なライバル心が正論というその発言を邪魔しているのかもしれない。また、解釈の仕方で、答えが違うこともあるから(たとえば円錐形を見るとき、真上から見れば円に見えるが、真横から見たら三角形であるがごとし)、まんざらそれが間違っているともいえないが、あくまで自分の立場でものを考えすぎた狭義の世界の答えであり、逆に哀れに思うこともある。
その点、カイロプラクティックは、そういった“しがらみ”がない。それは施術方法に起因することでもある。全身を診るが故、色々な“角度”から物事を考える事ができる柔軟性があると私は思う。
それでも、カイロプラクティック流の答えでは、業界内の人間には良いとして、一般的ではない。それこそ狭義の考え方であって、むしろ誤解を招いてしまう。
その誤解を招かないためには、一般論を理解しなくてはならない。その上で、医学的に検証し、正しい答えを導き出す必要がある。この際、具体例は控えるが、患者さんに道を示すというのは、容易いことではないということだ。
その答えについて、患者さんがどう理解するか、どう思うかは、私の甲斐性ではないので、一切をお任せするが、正しい知識の蓄積こそ、症状を改善し、治癒を早め、健康を増進していくものであると考える。
さて、今回の「利用せよ」というタイトルにもあるように、何を利用すべきなのか。それは、治療家の知識である。私はこれを「引き出し」と呼んでいる。自分では、どれほどこの引き出しがあるのか考えたこともないが、個人のポリシーとして、患者さんからの質問レベルや、かなり専門的で難しい質問でない限り、即答できないのは恥だと思っているので、まあ相当な数の引き出しは持っていると思う。この答えを、どう利用し、自分の健康に役立てていくかを考えたとき、利用しない手はない。だから、症状だけ言って施術を受け、何も聞かないで帰っていくのは、あまりにナンセンス。精々質問攻めにでもすればいい。むしろ質問してくれた方が、術者としてやりがいのある場合だってある。どこまで答えられるのか、試していただいても結構だ。
以前、書いた事がると思うが、自身の健康を考えたとき、医者であろうが、治療家であろうが、市販薬であろうが、いずれも単なる方法に過ぎない。私は、その方法に徹する事に生きがいを感じ、この世界にいるのである。皆様からの質問をお待ちしている次第である。

2015.1

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ