東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

良心の整体院

平成2年5月の開業以来、お陰様で25周年を迎える事が出来ました。皆様から寄せられる期待に応えるべく邁進してまいりましたが、この記念の年を迎えられますのも、皆様からのご支持あってのことと、感謝申し上げます。今後も、治療家としてなお一層出来うる限りを尽くしてまいる所存でございます。


施術における、私の『良心』とは何かについて、述べていきたいと思う。
私のその原点は、父である。
全く職業は違うが、見習うべき良心は、父のその仕事っぷりである。
現在は、緩々とした隠居生活を送っているが、長年盆栽と植木の仕事をしてきた。お客さんのお宅での庭仕事などが、主なものである。
父の仕事で驚くのは、その仕事量もさることながら、通常なら2~3人でやるような仕事も、一人でこなしてしまうことだろう。一見、他より高く見える作業費も、人数が減るわけだから安く済む。もちろん仕事の出来栄えは、盆栽で培った腕があるから、より見栄えがするよう仕上げるのであって、「伊達に金はとらない」。だから、お客さんも大喜びだろう。自分の技術というものを出し惜しみせず、お互いが納得のいく仕事をするというのが、父のポリシーであったと思う。

父がそうしてきたように、私もそういう仕事がしたいと思って、この世界に入った。
幸か不幸か、保険が適用されないので、局所に拘るしがらみがないということも、『治療』というものを追い求めていけた要因でもある。問診をし、全身を診回し、時にその人の生活習慣にまで入り込み、得られる限りの情報をもとに、施術していく。
そうして診ていくと、主訴以外にも気になる部分が出てくることがある。患者さん本人も気にしていないどころか、何ら症状のない部分だったりするため、放っておいても、「なんであの時診てくれなかったんだ?」と咎められることはないだろう。ただ、一旦預かったその人の体を、あたかも流れ作業のように主訴だけ施術をし、それで終わりというのでは、何とも味気ないし、そもそも私の治療家魂がそれを許さない。
「腰が痛くて行ったのに、筋肉痛の腕まで診てもらった。」
「肩こりの一因は冷え性だからだと、足の血行も改善してくれた。」
・・・などなど、そんなことである。
私は、そういう仕事を嫌だと思ったことがない。期待を裏切らないという精神はもちろんのこと、期待以上の施術をすることが、私に課せられた使命であると思っているからだ。楽しくて仕方ないなどとも思わないが、充実した日々を送れているということに、誇りを感じているのであって、これこそが私の良心である。
時に患者さんから、「何もそんなことまでしてくれなくてもいいのに。」と言われることがある。上述したように、見なかったふりをすることだってできると思う。もちろん、私も人間であって、神がかり的にすべてを網羅する事は出来ないが、自分の性分として、気付いているのに、後に何か問題を起こすような状態を放って置くことができない。カイロプラクターとして、一治療家として求められることは何か。それは、その人の健康を守ることであって、自分の地位を誇示したり、金儲けを目的としたことではない。まあ、タダじゃこちらも破産してしまうので代金は頂くが、私の父のように「伊達に金はとらない」のである。
言うなれば、治療家なんてものは、実際には御用聞きのような「使いっぱしり」にさも似たり。「俺がやってあげてるんだ!」なんて、偉そうなことを言っていては、お仕着せの施術しかできない、お山の大将である。寄ってくる山の動物に、精々「餌」でもやっていれば済むことだろう。私はそういう治療家ではないし、そうありたくもない。
患者さんの症状に向き合い、どうすればそれが改善していくのか、自分の持てる能力を振るい、当院に来て頂いた以上の事をしようというスタンスは、今後も変わることはないだろう。
患者さんにも、そして施術する私にとっても、幸せな時間が少しでも長く続くよう、今後も努めていく所存である。


さて、開業25周年を迎え、また新たな気持ちで臨床に励んでいこうと思っているが、この「良心」という部分は、治療家であり続ける限り、変わらずにいたい。皆様から喜ばれるような施術を心がけ、惜しまぬ努力をと、当コラムの締めくくりに、こんな誓いがあることを紹介しておくとしよう。

【CHIROPRACTIC AOTH】
“To hold in esteem and respect those who taught me this Chiropractic healing art; to follow the methods of treatment which according to my ability and judgment I consider for the benefit of my patients; to abstain from whatever is deleterious and mischievous; to stand ready at all times to serve my fellow man without distinction to race, creed or color.
With purity I will pass my life and practice my art; I will at all times consider the patients under my care as of supreme importance; I will not spare myself in rendering them the help which I have been taught to give by my Alma Mater; I will keep inviolate all things revealed to me as a physician.
While I continue to keep this oath unviolated, may it be granted to me to enjoy my life and the practice of the Chiropractic healing art, respected by all men at all times.”
********************************
【カイロプラクティックの誓い】
カイロプラクティックを教えてくれた人々に敬意と尊敬を持ち、
患者の利益のために私の能力と判断に従った治療を行い、
有害・悪意のあることは一切行わず、人種・心情・肌の色の区別なく、
常に人々に奉仕する準備を整えます。
清廉潔白に人生を送り私の技術を実践します。
治療している患者を常にもっとも重要であると考えます。
教えに従い患者への助けは決して惜しみません。
治療家として受けたすべての啓示を守り従い続けます。
誓いを守り続ける限りにおいて、願わくば、いつも人々から敬意を払われ、
人生とカイロプラクティックの実践を享受させたまえ。
(以上、略文編集)

2015.5

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ