東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

医療業界の本末転倒

これは、医業に対する挑戦状ではありませんので悪しからず。

当院に来院する方の中で一番良く耳にするのは、『どこに行っても治らない。』という言葉である。 このどこに行ってもとは、すなわち医療業(主に国家資格のある)の事である。 「あそこの病院へ行ったら、椎間板ヘルニアだといわれた。」では対応策はと訊くと、「背筋を鍛えなければ,治らない。」だとか、ただシップをはって終わりだという。 しまいには「それで悪化するようだったら手術しかない。」とまで言われてしまう。 現実にこんな方が山ほどいるのである。

シップをはって医者だというなら、誰だってできるし、そんなものはいらない。 困っているからすがる思いで行っているのに、それはないだろうと思う。 そんなのかまってられないと言わんばかり。 腰が痛くたって死にゃ~しない、とでも言いたいのだろうか?

ところがである。 こうした方の多くは、主に国家資格の無い私たちの手によって症状が緩和されたり、治癒しているケースが多々あるのは、なぜだろうか。 確かに、カイロプラクティックの独壇場とも思えるようなテクニックもあるにはある。 しかし、それこそ基礎医学さえ踏まえていれば、当然良くなるようなケースもある。

本当におかしな話である。 こんな事でいいのだろうか。 医者が治せない症状を、なぜ私たちが良くしているのだろう。 むしろこれが逆にならなくてはいけないのではないだろうか?
まさに医療現場における怠慢以外の何物でもない。 もちろんすべての医者が、そうした怠慢を犯しているのではないと思う(私が入っている研究会で、そうした人を見た事が無い)が、あまりにも多くなると、あきれるのを通り越して切なくなってくる。
カイロプラクティックなんて、本来日本ではそんなに偉い立場にいないはずである。 現状の法律では、単なる民間療法の域を出ていないのに、医者が見離したような患者が本来良くなるわけが無いのである。 当然もっと簡単で、治りやすい症状を見ていれば良いはずである。 それでも私を含め、多くのカイロプラクティックを業とする者は、法律で守られていない分、現状に満足することなく日々努力を怠たらず、安全で、しかも画期的で、さらに患者が満足行くような治療法を研究しています。

だから、あえて言わせていただきたい。
「お医者さん、頼むから勉強して下さい。 そうすれば、私たちなんて必要なものではないのだから」と。

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ