東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言外伝
サブイメージバナー

一人のカイロプラクター物語、無間からの解放

違う治療院へ移りたいという話は、学生時代も多分に世話になった副学長へ相談することになった。 私の熱意が伝わったのか、取って置きだよという治療院を紹介してもらった。
場所等、全て伏せるが、何が取って置きだったのかというと、給料がほかの治療院に比べ、格段に高給だったのである。
今思えば、その時気付けばよかったのだが、高給ということは、それなりに忙しいわけであり、この忙しさが数か月後、私を苦しめることになる。

面接に向かうと、院長は女性の先生だった。
「それじゃあ、佐藤君はなにができるの?」
「カイロプラクティックです。」
「じゃあ、ちょっとデモンストレーションしてみて」
施術じゃないデモンストレーションの意味が分からなかったが、ザックリと手技を披露する。
「ありがとう、分かったわ。それでいつから来れるの?」
希望を伝えると、その日から採用となったのである。

勤務1日目、常連と思しき患者さんが来院し、施術が始まる。
衝撃は、いきなりやってきた。
施術ベッドは、カイロプラクティックでも用いられるものなのに、その施術スタイルは、カイロプラクティックともオステオパシーとも違う。 荒治療ではないが、何をどうしたのか、何をしているのか全く理解ができない。
「これはなんだ、これができるのか」
自問するが、その答えが出せない。 正直、その日で辞めようとすら思った。 自分の目指している方向とは、あまりにかけ離れていたからである。
しかし、この時、すでに開業に向け、建築会社と密な打ち合わせをしていた。 開業時期は、まだボンヤリとしていたが、自宅兼治療院を建てるまでの事は、決めていたのである。
下世話な話だが、収入がなくては、金融機関から借り入れすることはできない。 すなわち、ここを辞めてしまうと、借り入れが覚束なくなる。 もちろん、別の治療院にへ移り、仕切り直すことはできるのだが、ここは少し我慢するとして、自分の望む施術スタイルなどという、カッコつけも抑えて、下僕に徹しようと思ったのであった。

数日後、研修と称した見学の期間が過ぎ、患者さんを触れるようになった。 ただ、方法が単一的で、あたかもベルトコンベアにでも載せているかのようなものだった。
それにもかかわらず、院長からの要求は、非常に厳しいもので、ちょっとでもその『マニュアル』から逸れるようなことをすると、バックヤードに呼び出され、注意されるといった塩梅である。
患者さんの一日の来院数は、かなりの数だった。 いわゆる繁盛店とでも言おうか、次の患者さんまで、呑気に座っている暇はない。 昼休みと、午後の不定時な5分程度の休憩が、椅子に座ることのできる貴重な時間だった。
そんな忙しさに紛れるかのように、「俺はいったい何をしているんだ?!」と、フラストレーションと疲労は、日に日に高まっていったのである。

反して、開業に向け勉強は捗っていた。 相変わらず睡眠は、4時間程度だったが、勉強の楽しさは全く変わっていなかったし、唯一落ち着ける時間だった。 既に、6つほど、施術方法を習得していたので、カイロプラクティックに関してなら、相当の自信も持っていた。 残念ながら発揮できる場所がなかったのは、惜しかったが、この頃から、独自の施術方法を考案し、研究を始めていたのである。
尚、この話はいずれ、また。

2か月ほど過ぎた頃だったろうか、その日の朝、いつもとは違う感覚で目が覚める。
「胃が痛い。」
恐らく、お腹が空いたからだろうと思って、朝食を摂ると少し落ち着いたが、家を出て最寄の駅に向かう途中、どんどん状況が悪くなる。 その胃の痛みは、吐き気になり、駅に着いた途端に、限界に達し、トイレで吐いてしまった。 しかし、その吐き気は、留まることを知らず、吐いても吐いても、延々すっきりせず、ついには胃液まで。
これは尋常じゃないと、電話をかけ、その日は休むこととなったが、家に帰っても、食事が摂れる状況ではなかった。 少し落ち着いたかと思った翌日も、全く同じ。 些か両親も心配になり、病院に行くと、すぐさま胃カメラを飲むことになる。 
検査の結果は、急性神経性胃炎。 つまり、ストレスが原因で、胃がダメージを受けたということだった。 状況としては、非常によくなく、「あなたの胃は、真っ白です。 これで、何がしかの刺激物が胃壁を刺激して、出血でも起こったら、もはや止める事は困難です。」と、あたかも最後通告のような告知を受けた。
このことを院長に言うと(但し、ストレスだとは言っていない)、恐らくは胃酸過多だろうから、耳のツボに鍼を打てば、治まるだろうということで、復帰はともかく、治療院に行き、置き鍼(刺したままにする小さな鍼の事)という鍼を打ってもらった。
するとどうだ、胃の痛みは、嘘のように消えたのである。 ただ、問題なのは、その鍼を打ったツボというのが、胃の動きを制限する場所らしく、全くお腹が空かない。 時々見かけるダイエットなどにも用いているようである。 だからと言って、鍼を抜けば、たちまち胃の痛みが現れる。

お腹が空かないからといって、何も食べないのは良くないが、消化に負担がかかる物は食べられない。 手始めにお粥を食べるが、戻してしまった。 ならばと、おもゆにしたがこれもダメ。 結局行きついたのは、素うどんだった。 これだけではカロリー不足なので、胃壁にやさしいとされるヨーグルト(無糖)に、消化管の粘膜に不可欠なビタミンBが豊富とされるクレソンを微塵切りにし、これを混ぜ食べていた。 その色は、この世のものとは思えないほど真緑で、味も最悪。 ただ不思議なのは、それを食べると、なんとなくシュクシュクしていた胃が、スッと落ち着いた。 余談だが、現在このトラウマで、無糖のヨーグルトとクレソンは食べることができない。
そんな食生活が、1か月半ほど続いた。 どうにか元の食事に戻った時、目の下には著しいくまと、約6キロ痩せていた。

本調子に戻るまで、更に1か月ほど要した。 それでも、仕事内容が変わったわけではないので、相変わらず悶々とした日々を過ごしていたある日、またしても事件が起こる。 それは、同治療院に10年ほど勤めている先輩先生による施術事故。 それも私に対して。 良かれと思ってやったことだから、恨んではいないが、ある施術のせいで、私の片腕が痺れてしまったのだ。
「十年いてこれかよ。」
その稚拙な施術方法は、カイロプラクティックの学生ですら、やらないだろう。
全治するまでの1か月間で、私の気持ちは、ついに限界を迎える。
「もう辞めよう。」

結局この治療院は、私にとって負担でしかなかった。 強いて、プラス面を上げるなら、理論のない施術では事故が起きるんだという教訓と、綺麗好きな院長の指導による徹底した掃除の習慣が身についた事だったろう。 それ以外にも覚えたことはあるが、カイロプラクティックとは無縁なので、現在全く役に立っていない。
僅か、5か月足らずで、この治療院を後にした。

さて、辞めたはいいが、次は何処へと思う。 幸いにして、自宅兼治療院建築の借り入れについては、クリアできた。 だから、今度はお金なんていらないから、自分の治療をさせてもらえるところをと探す。 
この時、頭に浮かんだのは、カイロプラクティックの学校で仲良くさせてもらっていた先輩の治療院のこと。 さっそく電話してみると、直ぐ来てくれとOKが出る。
毛頭、給料なんて貰うつもりはなかった。 「只じゃ悪いよ。」と言われるが、開業が決まっていたこともあり、手を休めたくないだけだからと伝えると、「じゃあ交通費だけ出すよ。」と毎月の定期券代で折り合いがつく。
それでもこの恩は、絶対に返してあげようと、必死になって施術に取り組んだ。 忘れかけていた施術することの楽しさも、蘇ってきたのである。 難治な疾患に対しても、立ち向かっていく私を見て、当時いたインターンらも、私の施術に興味津々で、山のような質問を受ける毎日が、いつしか勉強会を開くようになっていた。

予定通り5か月余りの期間在籍し、一通り、受け持っていた患者さんの施術も完了し、引き継ぎも上手くいった。
いよいよ、開業の日が近づく。 既に家は建ち、機材導入も打ち合わせ済みである。 まだ足りない部分はあるが、胸の高鳴りとともに、充実していくことだろう。 ようやく自分の夢が実現するのだ。
それは、開業を翌月に控えた平成2年4月の事である。

2016.1

line1

独り言インデックスへ         戻る          次へ次は、準備中