東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言外伝
サブイメージバナー

一人のカイロプラクター物語、準備

無駄な勉強かもしれない。
それよりも、そのある意味「恐怖心」は、いつも付いて回る。
「出来ません」という、ただその一言が言いたくないのだ。
カイロプラクティックの範疇であり続ける限り、何処か他へなどと口が裂けても言いたくない。

本当は出来ないのに、無理にやったら、事故につながる。
ハッタリなんてものは、あっという間に砕け散る。
だから、本当に出来ないなら、降参するしかない。
でも、その降参がしたくない。
カイロプラクティックの可能性にかけ、前のめりにやり続けたい。

誤解しないでほしいが、私は決して負けず嫌いではない。
「負けて覚えよ。」
負けから悟ることは、勝つことより沢山ある。
しかし、「負ける」わけにはいかないのだ。

勉強とは、そのためにある。
患者さんを思えば、どんな疾患だって症状だって、何とかしてあげたい。
そんな思いなのである。

この業界、ぎっくり腰と肩こりを治せたら食っていけると言われる。
それで十分かもしれない。
でも、それが治療家だろうか。
あの先生に任せれば何でも大丈夫だと言われてみたくはないのか。
高い志の下、「凄いヤツ」になってみたい。

「こんな患者さん、本当に来るのだろうか。」
「いやいや、いつか来るかもしれない。」
とてつもない数の疾患が頭の中に浮かぶ。
その原因は? 対策は? 施術方法は?
それ以外の症状が絡んでいたらその場合は?

そんな勉強が続いているのである。
インターンの頃から始まったから、もうどれほど研究したことだろう。
気付けば、30年近くが過ぎようとしている。
それでもまだ、その恐怖心は、私を突き動かし続ける。
準備を整え、いつ来るともしれない、その時のために。

2016.2

line1

独り言インデックスへ         戻る          次へ