東川口整体院サトウ・カイロプラクティック・オフィス、院長の独り言
サブイメージバナー

ホームページを作る事の意味

つい先日ある会合があり、そこに出席した時、仲間からいろいろな事を聞くことができた。
『佐藤先生のホームページは自分で作ったの?』、『結構反響ありますか?』 、、、etc。
意外に仲間内でも見てるんだな、というのが率直な感想だ。 まあ、素人の作るホームページなので、大したことは無い。

自分で作っているというのは事実である。 誰かに任せて書かせるなんてとんでもない。 もっともゴーストライターを雇うほどの収入があるわけではないが、、、。
その反面、仕事の合間を見て(といっても昼間か夜中か)原稿を考えたり、それを書き込んだりと結構暇の取れる仕事ではある。 いつまでも内容を更新しないと、古臭い事をいつまでのっけているんだ、と言われるわけではないにしろ少々あせりも生れてくるので、睡眠時間が少なくなる事もしばしある。
半分趣味で始めたようなところもあるが、パソコンというものについて、学生時代修得した英文タイプ(3級)があるのみで、全くのずぶの素人にはチンプンカンプンもはなはだしい。 ホームページを作ろうと考えてから公開までに、10ヶ月を要した。 それでも自分のホームページが公開できたときは、何か日記をのぞかれるような恥ずかしさもあったが、その何倍もの達成感にあふれていた。

元来、一種の広告媒体として当院のホームページを作ったつもりであったが、公開して初めてそれだけの機能ではない事に気づかされた。 もちろん、各種症状に悩んでいる方が、どこかに治療院はないかと検索して、当院に行き当たる事のほうが多い。 しかしそれ以外に実際治療には来ない方でも、カイロプラクティックというものについて質問あるいは意見をよせる方もいるし、何らかの誤解をしていた方が、幸いにも当院のそれを見てそれが晴れたなんていうこともあった。 こうなると嬉しくてたまらなくなる。 私はよっぽどカイロプラクティックが好きらしい。

だが、カイロプラクティックについて著しく勘違いをしている方もいると思う。 以前にも少し触れた事があるが(No.5地元に根付くという事参照)、『カイロプラクティックって何?』という方が圧倒的に多い。 言葉すら知らない人もいる。 私が開業する時、友達など『佐藤は面白い商売始めるらしいぞ、何でもプラスチックでできた懐炉を売るらしい。 そんなもの売れンのか?』と言っていたぐらいだ。 業界人としては、笑えない本当の話なのである。 そうした誤解や、何かで生れた不信感などが当院のホームページで取り除く事ができれば、カイロプラクターとして本望である。

もうすぐ21世紀がやってくる。 カイロ業界でも新しい事、又新しい動きも起ってくるだろうと思っている。 そうした動きを補佐する意味で、あまりに地味ではあるが、こうしたネットでの情報公開が欠かす事のできないものとなればと思う次第である。

2000.12.11作成

line1

独り言インデックスへ          戻る         次へ